imagesColumn

【ベトナム】住宅環境から見えるベトナム人の意識・価値観

ベトナム駐在を経験、またそこで何百件もの家庭訪問調査を実施した経験を基に、住宅環境またそこから炙り出されるベトナム人の意識、価値観の一部を今回紹介したいと思います。

家の造り:ウナギの寝床は赤レンガで造られる!?

ベトナムの特に都市部(ホーチミンやハノイ等)を訪れた方は、戸建ての間口が狭くて奥に広くまるでウナギの寝床のようになっている住宅に驚かれることがあります。このような造りになっている理由は、京都の町屋と同様節税対策と言われています(昔は土地面積ではなく、間口の広さで税金がかかっていたため)。一般的なものは、間口が4-6m、奥行きが20m程度となります。
また家の壁などには、コンクリートや木ではなく、レンガが使用されています。理由としては木材などの費用の高さやフランス文化の影響と言われています。ただ環境への配慮から政府は非焼成建材の使用を推奨しているため、今後変化していくものと思われます。

images

images

家の内側:玄関からの一歩目はタイル張りの大リビング!?

ベトナムの多くの家の間取りは、玄関から入ってすぐに大きなリビングという配置となっています。日本のような玄関や廊下はなく、風通しのよい構造になっています。また、多くの時間を家族と一緒にリビング過ごしたり、友人や親戚を招いて食事会をしたりするほか、突然人が来て談笑することも多く、リビングは広く玄関から入ってすぐの場所に設けられています。まさに人々のコミュニケーションの中心地となっています。
床は、掃除のしやすさや湿気の多さ、木材価格の高さといった理由から、フローリングよりもタイルが好まれる傾向にあります。一般的には、タイル張りのフローリングにステータスを表す中華様式のゴツゴツした木製家具を置く家庭が多いですが、若い世代では洋風家具の需要が拡大しています。現在はマンション住まいの核家族が増えたこともあり、小ぶりなソファやダイニングテーブルセットなど、コンパクトでシンプルな家具へのニーズが高まりつつあります。今後、家の外(外観)、家の中(内装)と様々な変化を見ることができると思います。

images

images

(出典:生活者データベース Consumer Life Panorama
(Consumer Life Panoramaの概要はこちら

Consumer Life Panoramaとは

日本や海外の消費者のリアルな生活実態をウェブベースでご覧いただけるインテージのデータベースです。
一日の生活の流れや動線、住環境・デジタルライフを直感的に理解するのにご活用いただけます。

Consumer Life Panoramaデモサイトはこちら
Consumer Life Panoramaの概要はこちら


  • images

    執筆者プロフィール
    池田 正興(いけだ まさおき)

    2019年まで約4年間ベトナムのホーチミンに駐在。
    現在は、日本で海外調査を担当。旅行が好きなため、コロナ禍でウズウズしている今日この頃。

  • images

    編集者プロフィール
    辰田 悠輔(たつだ ゆうすけ)

    Global Market Surferのサイトづくりを担当。ベトナム消費者を家庭訪問するとごつごつした木製の椅子に座らせてもらってインタビューしていたのを改めて思い出した。

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら