imagesReport

【週次レポート】台湾FMCGカテゴリーにおけるコロナの影響(2021年7月18日版)

調査時期
2021年7月
ページ数
9
リサーチ実施会社
インテージ× カンターワールドパネル
レポート価格
Free
対象国
  • TaiwanTaiwan

内容

21年5月以降、コロナウイルスの感染が急速に拡大した台湾。
インテージはカンター・ワールドパネルと連携し、コロナ禍にある台湾の、FMCGカテゴリーの消費動向およびチャネル別動向をまとめ、隔週で発信しております。

今回のレポートでは、感染拡大前の~4/18週を基準(=100)として、7月上~中旬週の総購入回数、1回あたり購入金額の動きがわかります。
(ただし、数値はノンウェイトによる速報値です。)

レポートは~2021年7月25日版までございます。
最新版レポートはこちら

サマリ

台湾においてコロナは7月から制御されており、
日用消費財全体でトラフィックは減少しましたが、ECが牽引した結果1回あたり購入金額は増加しました。

チャネル別では、スーパー、ハイパーのトラフィックは減少しましたが、
スーパーの1回あたり購入金額はコロナ前比+15%〜20%の水準を維持しています。
ECトラフィックは高いレベルで維持され、1回あたり購入金額も増加傾向です。
コンビニも1回あたり購入金額が高い水準で維持されています。
ECでは主に飲料で1回あたり購入金額が増加し、パーソナルケアも回復を示しています。

コロナ減速に伴い、本レポートは隔週の更新となりました。次の更新は8月23日の予定です。

調査概要

調査手法:消費者購買パネル調査(商品バーコードスキャンまたはダイアリー)

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら

Newest report