imagesReport

野菜とフルーツに眠るインサイトを読み解く各国別詳細レポート

調査時期
2021年6月 - 6月
ページ数
37
リサーチ実施会社
インテージ
レポート価格
JPY 50,000
対象国
  • ChinaChina
  • IndonesiaIndonesia
  • JapanJapan
  • OtherOther
  • PhilippinesPhilippines
  • ThailandThailand
  • TaiwanTaiwan
  • USAUSA
  • Viet NamViet Nam

内容

世界の消費者理解を目的に、10か国(日本・アメリカ・オーストラリア・中国・台湾・タイ・ベトナム・インドネシア・フィリピン・インド)に渡って、身近な食材である“野菜”や“フルーツ”が各国でどのように知覚されているのかを把握する独自の調査を行いました。

サマリ

日本人は体に良い野菜として「トマト」、体に良いフルーツとして「バナナ」、香りが好きなフルーツには「桃」を挙げていました。また、よく食べる野菜料理は「カレー」、よく食べるフルーツ料理は「フルーツサンド」という結果になりました。

さて、世界の消費者はどのような野菜やフルーツを挙げるのでしょうか?また、野菜やフルーツにどのような効果を期待しているのでしょうか?

身近な食材である“野菜”や“フルーツ”から、各国消費者のインサイトを読み解きます。

調査概要

*調査手法: オンライン調査
*対象者条件: 男女 20歳~59歳
一定以上の購買力がある層(世帯年収・月収で足切り条件を設定)

レポート販売情報

無料レポート(日本の調査結果)は、ページ下部のダウンロードボタンよりダウンロード可能です。「日本語」はアンケート調査レポート、「その他」はクラスター分析レポートになります。

また、無料レポートとは別に、国別詳細レポートを1か国5万円(税抜)で販売しております。
中国、台湾、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン、インド、USA、オーストラリアの調査結果にご関心がございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。

また、10か国横断レポートも販売しているため、ご関心のある方はこちら

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら

Newest report