imagesReport

【中国】消費者購買データに見る、中国子育て消費の世代別傾向

調査時期
2021年12月
ページ数
28
リサーチ実施会社
株式会社インテージ
レポート価格
Free
対象国
  • ChinaChina

内容

2021年12月に実施された中国セミナーにて、中国消費者購買パネルデータ(KWP)を用いて「消費者購買データに見る 中国 子育て消費の世代別傾向」についてご紹介しました。

コロナ後の中国における子育て関連商品の動向を、母親の年齢別・都市階級別に分析し、今後の戦略に活かせる4つのキーワードにまとめます。

サマリ

中国における出生数がダウントレンド、今後5年間で乳幼児の人口は0-3歳児が減少傾向、4-6歳がボリュームゾーンに。
コロナ後のベビー&キッズカテゴリは復調し、ベビーフードと粉ミルクカテゴリでプレミアム化が進んでいる。
自分の化粧品を選ぶのと同じように子ども達に与えるもの・使うものにも気を遣い、30代後半ママ達はベビーフードとキッズミルクに費やす金額が高く、特に「オーガニック」ラインや配合成分を売りにしているものが人気。
20代ママ達は購入カテゴリ数・アイテム数が多く、費やす金額と購入頻度も高い。
4つのキーワードは:トータルな健康促進、プレミアム化、幼児向けラインナップの充実、ECとベビーストア。

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら

Newest report