imagesReport

アジア 10カ国セルフメディケーション調査

調査時期
2016年7月 - 12月
ページ数
40
リサーチ実施会社
インテージヘルスケア
レポート価格
Free
対象国
  • ChinaChina
  • Hong KongHong Kong
  • IndonesiaIndonesia
  • JapanJapan
  • KoreaKorea
  • PhilippinesPhilippines
  • SingaporeSingapore
  • ThailandThailand
  • TaiwanTaiwan
  • Viet NamViet Nam

内容

本レポートは、アジア10カ国における生活者の健康状態やセルフメディケーション実施状況、ならびにその背景にある生活者の価値観を捉え、生活者のニーズを明らかにしています。

サマリ

全体的な傾向として、昔からの普遍的な症状に加え、「現代型症状(目の疲れ、アレルギー等)」といえる症状が広範に見られるようになっています。セルフメディケーション実施状況、生活者の価値観、生活者ニーズに関しては、一口にアジアと言っても国・エリアによって大きく異なります。例えば、東南アジアは、東アジアと比較してセルフメディケーション意識が高い傾向にありますが、これは医療へのアクセス等といった環境要因が大きいと考えられます。ですので、アジアといった大きな市場として捉えることも重要な一方で、エリア・国・都市単位での細やかなセグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングが必須になってきます。

調査概要

*調査手法:オンライン調査
*対象者条件:20歳~59歳の男女/各都市に1年以上在住している人/SEC(社会経済クラス)B以上の人

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら

Newest report