imagesReport

USA国外旅行実態把握調査

調査時期
2019年1月
ページ数
16
リサーチ実施会社
インテージ
レポート価格
Free
対象国
  • USAUSA

内容

本レポートでは、米国の富裕層の海外旅行の実態や意識を、中間層との違いも含めて把握し、日本に望む魅力的なコンテンツの方向性を明らかにします。

サマリ

富裕層に旅行先として人気があるのはヨーロッパですが、アジア圏では日本がNo.1にランクインしております。中間層と比べると、富裕層はありきたりの観光ではなく「その地域特有のイベントやリクリエーションを体験したい」人が多く、「自分を解放する」ことや「マインドフルネス」にも関心が高いと見られます。旅先の自治体へ求めることは、フリーWi-fi通信環境の充実、オーバーツーリズムの緩和、5つ星ホテルの充実、キャッシュレス決算のインフラ整備など、“便利で快適な旅”を実現させてくれるハード面における課題が多いことが特徴となっています。

調査概要

*調査手法:オンライン調査

*対象者条件:
世帯年収:中間層$7万以上 / 富裕層$20万以上
アメリカに住んでいる20歳~69歳の男女
直近2~3年以内国外旅行経験者

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら

Newest report