imagesReport

アジア8ヵ国トレンドランキング2019-2020

調査時期
January - December 2019
ページ数
19
リサーチ実施会社
株式会社TNC
レポート価格
Free
対象国
  • China
  • Indonesia
  • India
  • Malaysia
  • Philippines
  • Singapore
  • Thailand
  • Viet Nam

内容

アジア主要8ヵ国の2019年~2020年におけるトレンドをランキング形式でご紹介しています。

サマリ

「TNCアジアトレンドラボ」のウェブサイトで収集している情報や、各国の現地ローカルの生活者を対象に自主調査を実施しました。これらの定性情報を元に各国上位5位を選定しレポートとしてまとめました。対象は以下の8カ国となります。

・タイ:PM2.5を始めとする環境問題や、高齢化問題、ASEAN諸国と比べた際の経済成長の伸び悩みなど、様々な問題を抱えており、そうした課題がトレンドとなって現れました。

・ベトナム:政府は「起業国家」の構築を掲げスタートアップの創出を宣言しており、自国産業の発展を支援しています。TOP1は国産車のVINFAST生産に向けた動きとなりました。

・シンガポール:アジアの金融センターとしてフィンテックの振興、環境・エネルギー問題、高齢化への取り組み、公共交通の整備など、課題の解決がトレンドとして顕在化しました。

・インドネシア:2018年にもランクインした配車アプリの「Gojek」や「Grab」のサービス多様化が進み、デジタルインフラとして浸透を進めています。

・マレーシア:高まる環境意識が顕在化した他、近年拡大を続けているムスリムマーケティングやハラル食品といったムスリム向けのサービスがランクインしました。

・フィリピン:ドゥテルテ大統領のもと2017年から始まった「フィリピン開発計画2017-2022」に基づいた、大胆な政策が昨年に続きトレンドとして現れました。

・中国:テック系のトレンドとあわせて、国産製品を支持する動きである国潮キーワードとして、若者を中心に国潮ブームが広がりました。

・インド:製造業に変革をもたらす「インダストリー4.0」に急速に向かい、経済水準も上がるインド。体験型の消費や、くつろぎの空間といったコトへの消費が多く生まれました。

調査概要

*調査方法: TNCアジアトレンドラボ、現地ボードメンバーを中心としたグループインタビュー、及びライフスタイル・リサーチャーによる定性調査
*調査対象者: 各国の主要都市に5年以上居住する男女、かつアッパーミドル以上の生活者、10代後半〜20代の、トレンドに敏感な層

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら

Newest report