imagesReport

インドのEV車市場(四輪車):どのような認識がされ、どのような機能が好まれているか?

調査時期
2021年7月 - 7月
ページ数
23
リサーチ実施会社
Intage India
レポート価格
Free
対象国
  • IndiaIndia

内容

インドでは、EV(電気自動車)へのシフトが認識されつつあるものの、実際に幅広いユーザーから購入されるにはまだ至っていない。本レポートでは、自動車ユーザーへのアンケート調査をもとに、EV車普及のカギとなるドライバーや、購入阻害要因となっているものをまとめている。

サマリ

EV車(電気自動車)へのシフトの準備ができていると回答した人の割合は75%であるものの、具体的にEV車の将来購入を検討しているのは15%に留まる。

購入検討のドライバーとなっているとしては、
・EV車に対する認知の向上
・OEMブランドから様々なEV車が発売されていること
・路上でEV車を目にすることが多くなったこと
などがあるが、一方で購入検討を妨げている要因としては、
・EV車専用のバッテリー充電設備の不十分さ
・バッテリーの寿命や品質に関する知識の不足
・充電一回での航続距離の短さ
などがあげられた。

望まれているEV車の機能は男女でやや異なり、以下のような結果になった。
男性
・リモート車両運転/タイヤ空気圧監視システム/ブレーキホールド付き電動パーキングブレーキ
女性
・プレミアムサウンドシステム/360度全方位カメラ/ブレーキホールド付き電動パーキングブレーキ

調査概要

*調査手法:オンライン調査
*調査対象者:
・18-45歳の男女
・SEC A
・4輪車保有者
・インド全土

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら

Newest report