imagesReport

専門家インタビューを通して理解する、最新インドEV市場シナリオ

調査時期
2023年9月
ページ数
25
リサーチ実施会社
インテージインド
レポート価格
Free
対象国
  • IndiaIndia

内容

インドの電気自動車(EV)市場は急速に拡大しており、世界最大級の市場になる可能性を秘めている。この成長は、自動車セクターに大きな変化をもたらしている。しかし、EV市場は政府の政策、技術の進歩、消費者の嗜好などの要因に影響されるダイナミックな市場であることを認識することが極めて重要である。インテージインドでは、インドのEVエコシステムと市場ダイナミクスを包括的な理解を目的として業界専門家へのインタビューを実施。


本レポートでは、EV導入の主な推進要因と障壁、政府政策の影響、インドにおける二輪と四輪の両セグメントにおけるEVの予想成長、OEMEVをエコシステムに導入する際に直面する機会と課題について解説する。

サマリ

インドのEV市場は、燃料費の上昇と環境意識の高まりにより、主に二輪・三輪セグメントで人気を集めており、先進国市場と比較して大きな成長の可能性を秘めている。


BEVメーカーは需要増に対応するため生産を拡大しており、現在の生産能力は30%程度と予想される。専門家は、2030年までにBEVの市場シェアが大幅に拡大し、2輪車が50%、3輪車が45%、4輪車が15%に達すると予測している。成功の鍵は、商業市場と消費者市場の両方に対して、高品質で手頃な価格の、技術的に先進的なEVを提供できるかどうかにかかっている。


インド政府はEVの課題に積極的に取り組んでおり、NEMPGreen Energy Corridorsプロジェクトなどのイニシアティブを通じて充電インフラの充実に注力している。充電インフラ事業者は、税制優遇や補助金などのインセンティブを受け、ステーションの拡大を促進している。BEV の普及を促進するために、インドでは強固な充電ネットワーク、インセンティブ、現地生産、手ごろな価 格、技術革新、持続可能なバッテリー廃棄、BEV 技術のトレーニングプログラムを優先し、インド市場における BEV の普及と持続可能性を促進する必要がある。

調査概要

・調査手法:オンラインデプスインタビュー(バンガロール・デリーNCR
・対象者条件:オートモーティブ業界のEV市場に理解のある業界専門家。マーケティングR&D、営業、消費者インサイト部門での経験があり、シニアマネージャー以上を条件とした

関連レポート

インドEV市場調査報告書(2022/04)

ノルウェーにおけるEVカー市場動向&トレンドレポート(2022/02)

4か国EVユーザー実態把握調査(202108~202111)

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら

Newest report