imagesReport

アジア ミドル世代意識調査 vol.2 睡眠編

調査時期
March 2021
ページ数
25
リサーチ実施会社
インテージ
レポート価格
Free
対象国
  • China
  • Japan
  • Korea
  • Singapore
  • Taiwan

内容

日本を筆頭に、高齢化が進むアジア。
今回の調査では、その中で特に高齢化が進みつつある日本・中国・タイ・韓国・台湾の5か国を対象としております。
その中で、各国のボリュームゾーンであるミドル世代(40-50代)に焦点を当て、彼らの睡眠の実態に関してのデータを紹介しています。

■関連レポート
 アジア ミドル世代意識調査 vol.1 見た目編
 アジア ミドル世代意識調査 vol.3 デンタルケア編

サマリ

平均睡眠時間は、平日・休日ともに一番短い国は日本となり、一番長い国は中国という結果となりました。日本では、半数近くの人が睡眠に満足していませんでした。
睡眠の悩みとして、日本・中国・タイでは、「日中に眠気を感じる」が最も多く、5か国共通では、「寝つきが悪い/なかなか眠れない」「夜中にトイレに行く」「いびきをかく」が上位でした。
また、より良い睡眠のための対策として、中国とタイでは「部屋の空気を入れ換えたり、空気清浄機を使う」、タイでは「健康食品やサプリを摂る」が他国より上位に挙がりました。

調査概要

・調査手法:インターネット調査
・対象者条件:都市部に住む男女40-50代

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら

Newest report