imagesReport

タイ ビューティーショッパー調査2018

調査時期
2018年10月
ページ数
15
リサーチ実施会社
インテージタイ
レポート価格
Free
対象国
  • ThailandThailand

内容

本レポートは、タイにあるヘルス&ビューティーストア(ドラッグストア)の各小売店の買い物客の行動の違いを明らかにします。また、パーソナルケア商品分野におけるGrab Groceriesの可能性についても取り上げています。

サマリ

ワトソンズがこの業界のトップで認知度が最も高く、次いでブーツ、イブアンドボーイが続いています。各小売店の製品カテゴリーを見ると、ワトソンやブーツの買い物客では、スキンケア製品やヘルスケア製品を購入している人が多いのに対し、イブアンドボーイやセフォラの買い物客では、化粧品を購入している人が多い結果でした。満足度はワトソンが最も高いスコアを獲得しています。現在のGrab Groceriesの利用率は1割程度でテスコロータスやBig C等のハイパーマーケットの利用が多くなっていますが、ヘルスケア/スキンケア製品に対するGrab Groceries利用意向は非常に高く今後の可能性がうかがえます。

調査概要

*調査手法:オンライン調査(AMP)
*対象者条件:18-49歳/SEC A/B/Cクラス/少なくとも月1回以上、特定のH&Bストアで買い物をした男女

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら

Newest report