imagesColumn

【中国:地球の暮らし方】風呂場とトイレが意外と広くない中国家庭

前回(【中国】中国人はおしゃべり好きなのに、独立型キッチンを好むのはなぜ?)は、生活習慣の差異による日本と中国におけるキッチンのレイアウトと使い方の違いについて紹介した。このような違いはキッチンだけではなく、風呂場とトイレの違いもまた大きい。今回は日本と中国のこの2箇所における違いとその背景について紹介する。

関連記事一覧

第一回:【中国】中国人はおしゃべり好きなのに、独立型キッチンを好むのはなぜ?
第三回:【中国】中国家庭のリビング使用実態は玄関と冷蔵庫からわかる!
第四回:【中国】空間最大限利用のためのバルコニー活用術とは?
第五回:【中国】配線の自由度が高い中国住宅

入浴に対する考え方が大きく異なる日本と中国

まず、風呂場における日本と中国の違いを一言で端的に言うと、浴槽の有無だろう。日本では、伝統的に入浴の習慣が強い。そのため、どんなに狭いスペースでも浴槽はついている。たとえユニットバスでも、浴槽は約半分ぐらいのスペースを占めるのが一般的。一方、中国ではたいていの家庭にはシャワーだけ設置されていて、浴槽はよほどスペースがある別荘やホテルなど以外にはめったに見かけない。

images

中国のシャワーだけの風呂場(左)、日本の浴槽付き風呂場(右)
(出典:生活者データベースConsumer Life Panorama
(Consumer Life Panoramaの概要はこちら

日本でも、中国でも入浴の目的は体を清潔に保つこと。入浴の流れに関して、日本家庭ではまずシャワーを浴びてからお風呂に入るのが一般的である。ところが、中国人からすると、何で毎日お風呂に入る必要があるのかという疑問を抱えるかもしれない。そこには、入浴に対する日本と中国の間の大きな違いがあるのだ。中国人にとって、入浴の目的はただ単純に体を清潔に保つことだが、日本人にとってはお風呂に入ることは体を清潔に保つだけでなく、リラックスという目的も含まれているからだろう。

実は、入浴の習慣に関して、中国の中でも南と北において、大きな違いがある。中国の南部では、蒸し暑く湿気が多いので、よく汗をかく。そのため、シャワーは体をきれいにするのに一番効率的な手段として受け入れられている。

一方で、中国の北部では空気が乾燥して、寒い時期が長い。汗をかくのも南部ほど頻繁ではないので、毎日シャワーをすると逆に体を冷やしてしまう。そのため、週に一回ぐらいに身体を洗うことが一般的である。また、一週間たまった身体の垢をよく落とすため、北のほうでは「垢すり」(中国語では「搓澡」)の習慣がある。これはかなりの力作業なので、自宅のシャワー室でやる人もいるが、多くの人は銭湯に行って専門の店員さんにやってもらう。そうすると、浴槽は頻繁に使わない割に大きなスペースを占める余分なものとして考えられ普及していないのかもしれない。

また、シャワー室や洗面台の近くでは、よく重なって置かれているゆおけを見かける。毎日シャワーを浴びていない家庭では、普段このようなゆおけを2つぐらいは少なくとも用意している。ひとつは洗面用で、もうひとつは足を洗うためなのだ。

images

中国のシャワー室によく見かけるゆおけ
(出典:生活者データベースConsumer Life Panorama
(Consumer Life Panoramaの概要はこちら

まだまだ広いとは言えない中国家庭の居住面積

もちろん、風呂場とトイレに関する日本と中国の差異は、浴槽の有無だけではない。全体的なレイアウト図を俯瞰してみると、もう一つの違いが見つかるはず。それは、風呂場、洗面台とトイレ、このいわゆる3か所の空間的配置なのだ。中国家庭では、洗面台、トイレ、シャワー室は同じ空間であることが多いのに対し、日本家庭では、それぞれの空間が独立していることが多い。

images

一般的な日本家庭の風呂場、洗面台、トイレの配置(赤枠)
(出典:生活者データベースConsumer Life Panorama
(Consumer Life Panoramaの概要はこちら

実は、このような空間の利用の違いが生じる背後には居住面積がある。よく日本の住宅はウサギ小屋と言われるが、実際の統計データを見てみると、驚くことに、日本と比べてでも、中国家庭の居住面積が狭いことがわかるだろう。

下図は中国の都市部の1人当たり住宅建築面積の推移図。ここでいう建築面積は専有部の床面積に、「公攤面積」というマンションの共用部の総面積を戸数で分担した面積を加えたものなので、実際の専有部面積はもっと狭くなる。それでも、中国都市部は2019年になって初めて、日本の2013年水準に達したということから、中国都市部の家庭の居住面積は決して広いとは言えないことが読み取れる。

images

中国都市部1人あたり住宅建築面積推移
出典:中国:中国国家統計局
日本:総務省「平成25年住宅・土地統計調査」(データは2013年)

中国では、昔建てられたマンションのリビングや寝室を少しでも広くしようとするため、よく風呂場とトイレの空間を犠牲にしている。ところが、近年、経済成長に伴い、1人当たりの住宅面積も増えている。このような背景で、住居環境に対するこだわりが高くなってくる今、少なくとも洗面台とトイレはシャワー室と何かで区切ることで「乾湿分離」を実現するという内装への需要が増えてきている。とはいえ、日本のように全ての部屋を独立な空間にするのはまだ先のことだろう。

【Consumer Life Panoramaとは】

日本や海外の消費者のリアルな生活実態をウェブベースでご覧いただけるインテージのデータベースです。一日の生活の流れや動線、住環境・デジタルライフを直感的に理解するのにご活用いただけます。

Consumer Life Panoramaデモサイトはこちら

Consumer Life Panoramaの概要はこちら


  • Intage Inc

    執筆者プロフィール
    ヤン イェン

    日本在住の中国人リサーチャー、中国をメインに海外消費者生活実態を発信。日本に来て5年経ってもまだお風呂に入ることが習慣になっていないシャワー派。

  • Intage Inc

    編集者プロフィール
    辰田 悠輔(たつだ ゆうすけ)

    Is in charge of creating the Global Market Surfer website. I'm a true bath enthusiast who enjoys relaxing in the bathtub at home or on business trips.

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら