imagesColumn

【中国・ベトナム:地球の暮らし方】おいしい酸味の秘訣とは

「夏は酸味」と、養生訓が書いた通り、毎年夏になると、おいしい酸味でさっぱりしたいと思う人が多いだろう。実は養生を最も重視する中国でも、東南アジアといった暑い国でも、酸味を摂取する習慣があるのだ。それぞれの国では、どのようにおいしい酸味を出すのか。また、日本とどこが違うのか。今回は、Consumer Life Panoramaに登録されている中国とベトナムの生活者のキッチンから、それぞれの国のおいしい酸味の秘訣を探索してみよう。

関連記事一覧

第1回:【中国】中国人はおしゃべり好きなのに、独立型キッチンを好むのはなぜ?
第2回:【中国】風呂場とトイレが意外と広くない中国家庭
第3回:【中国】中国家庭のリビング使用実態は玄関と冷蔵庫からわかる!
第4回:【中国】空間最大限利用のためのバルコニー活用術とは?
第5回:【中国】配線の自由度が高い中国住宅
第6回:【中国】自宅に置かれている小物から見る中国人のライフスタイル
第7回:【中国】中国住宅の住環境と掃除事情
第8回:【中国】空間と地域で違うエアコン選択
第9回:【中国】プライバシーと収納の考え方
第10回:【中国】洗濯機を浴室やランドリーエリアに設置する理由は?
第11回:【中国】古くから伝わる暑さ対策の知恵
第12回:【中国】年収が同じでも、エリアの差が激しい生活環境
第13回:【中国】部屋から分かる高所得層の家電ブランドを探る
第14回:【中国】「国潮」に影響された化粧品ブランドの選好
第15回:【中国】ミレニアル世代の子育て事情
第16回:【中国】中国人の衛生意識
第17回:【中国:地球の暮らし方】「顔値経済」に影響される男性の化粧品使用
第18回:【中国:地球の暮らし方】パンデミックによる伝統医療への再認識をチャンスに
第19回:【中国:地球の暮らし方】じめじめした日に悩みを抱える中国南部の住宅

食事に合わせてお酢を使い分ける中国

中国では古くからお酢を使う伝統がある。生活に必要な七つのものは「柴、米、油、塩、醤、酢、茶」といわれるように、お酢は中国人の日常生活の中でかなり重要な役割を果たしている。また、漢方では、お酢は体の湿気を取る効果もあるといわれている。それ以外に、お酢には食欲促進、美肌効果、夏の疲れを取るといった効果もあるため、中国では料理の中でかなり広く使われている。

images

中国のキッチンに必ず収納されているお酢(左:CN_82, 右:CN_94)
(出典:生活者データベースConsumer Life Panorama
(Consumer Life Panoramaの概要はこちら

日本では、料理に使うお酢といったら、主には白い米酢のイメージだが、実は中国では米酢や白酢といった色が薄い酢もあれば、香酢、陳酢といった色が濃い酢もある。しかも、こういった色が濃い酢のほうがもっと広く使われているのだ。

酢といえば、中国では4大名酢といわれている江蘇省の「鎮江香酢」、山西省の「山西老陳酢」、四川省の「保寧酢」と福建省の「永春老酢」がある。それぞれはその地方の料理に合った製法で作られ、味も香りも違う。製法で分けると、また「白酢」「米酢」「香酢」「陳酢」といった4種類に分けることができる。

白酢は主な成分酢酸と水なので、透明な色をする一方で、酸味がメインとなっている。そのため、色が浅い野菜を炒める時やスープを作る時に少し入れても元の色を変えずに酸味が出るようにできる。代表的な料理はジャガイモの細切り炒め。米酢は主な成分が米なので、酸味以外に少し甘みもある。そのため、野菜の浅漬けの時に使うと、味を豊かにする効果がある。香酢は名前の通り、発酵したいい香りがする酢のことを指す。色も白酢より濃く見える。和え物にいれることが多い。すっきりする以外に香りもするので料理をより一層おいしくする効果がある。また、麺類にも合うので、餃子のたれ、混ぜそばにもよく使用される。陳酢醸造時間が長いため、色が濃く、後味もいい。餃子のたれにも使われるが、以外に、「老酢落花生」といった料理があって、ピーナッツを漬けて、酒のつまみとしてもよく使われている。

images

中国酢の種類
出典:Tencent

さらに、お酢以外にも、地方によっては同じ料理でも違う方法で酸味を出すこともあるのだ。最も有名な事例は中国東北地方の有名料理鍋包肉(ゴウバオロー)だ。これを日本語でいうと豚肉の甘酢炒めなので、甘酸っぱい味がメインの料理である。ところが、同じ東北地方でも、作り方が2通りある。黒竜江省では酢を使うのが主流だが、瀋陽ではケチャップを使うのが多い。

自然の酸味を活かすベトナム

国は変わってベトナムでも、酸味が食欲促進の効果があると認識して、料理に酸味を入れる習慣がある。ただ、中国と違って、お酢を使うよりも自然の酸味を活かすといった特徴がある。主に使われているものは、ライム、きんかん、タマリンド、パイナップルとトマトなどが挙げられる。

images

ベトナム家庭の冷蔵庫にあるトマト(左:VN_118)とライム(右:VN_122)
(出典:生活者データベースConsumer Life Panorama
(Consumer Life Panoramaの概要はこちら

まず、ベトナムには酸っぱい味で有名なのはcanh chua(カインチュア)という酸っぱいスープがある。これはメコンデルタエリアの特色の料理で、タマリンドにパイナップル、トマト等を入れて出汁を作るのだ。酸味がよく効いて人気がある。

麺類を食べる際に、よくライムやきんかん等で果汁を絞って、スープに入れるのが一般的な作法だ。ライムは身体の熱を逃す食べ物だといわれるので、ベトナムではかなり人気がある。麺類以外に、チキンや貝を食べる時に、塩、コショウプライスライムといった食べ方もある。

images

麺類に使われるライム(左)とタマリンドのジャム
出典:筆者撮影

また、ベトナム人は甘酸っぱい味が気に入り、漬物でも薄い酸っぱさに甘い味覚が特徴的だ。それ以外に、タマリンドをジャム状にしたうえで、はちみつを入れて、水で希釈して、中に氷をたくさん入れる飲み物がベトナムでは暑さ対策に効くもの。こうして、それぞれの国では、自分なりの方法でおいしい酸味を出しているのだ。

【Consumer Life Panoramaとは】

Consumer Life Panoramaは、日本や海外の消費者のリアルな生活実態をご覧いただけるインテージのWEBデータベースです。各国生活者の住環境を360度画像で閲覧したり、一日の生活の流れや動線、デジタルライフをご覧頂くことができます。
本記事の写真の一部も、このデータベースに登録されている生活者の写真を引用しています。カスタマイズした調査によらず、手元で海外生活者の住環境を観察したいという場合においてご活用いただけるサービスです。
Consumer Life Panoramaデモサイトはこちら
Consumer Life Panoramaの概要はこちら


  • Intage Inc

    執筆者プロフィール
    ヤン イェン

    日本在住の中国人リサーチャー、中国をメインに海外消費者生活実態を発信。ウィスキーにレモンを入れるのが好き。

  • Intage Inc

    編集者プロフィール
    辰田 悠輔(たつだ ゆうすけ)

    Global Market Surferのサイトづくりを担当。ライム、ザボン、タマリンドは得意なのに、日本のもずくだけは苦手。

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら