imagesColumn

【中国:地球の暮らし方】配線の自由度が高い中国住宅

いままでは中国住宅について空間を分けてご紹介した。今回は日本と中国の違いについて、配線の観点から詳しくご紹介する。

関連記事一覧

第一回:【中国】中国人はおしゃべり好きなのに、独立型キッチンを好むのはなぜ?
第二回:【中国】風呂場とトイレが意外と広くない中国家庭
第三回:【中国】中国家庭のリビング使用実態は玄関と冷蔵庫からわかる!
第四回:【中国】空間最大限利用のためのバルコニー活用術とは?

スケルトンのままの購入するメリットとは?

中国の住宅の内装といえば、実は根本的なところから日本住宅と異なっている。日本では、特にマンションタイプの住宅などは、内装付きで販売するのが一般的で、内装はある程度モジュール化している。例えば、キッチンの場合、システムキッチンなどを導入することで設置が便利である。また、システムキッチンであるため、各部分の設計は生活者の動線の合理性を考慮したうえで、配置されているのも一般的だ。そのため、ほとんどの日本住宅のキッチンでは、「シンク→調理台→コンロ」という合理的な動線になっている。

一方で、中国では状況が全然違う。中国では、内装付きの住宅販売は近年増えているものの、メインストリームは依然として内装なし、もしくはスケルトンのままで販売するというのが現状。その結果、動線の合理性がある程度落ちる一方、オーナーのニーズを内装に反映しやすい。

コンセントの設置場所と数は、それを説明するための一番良い事例かもしれない。キッチンを例にすると、日本では、基本調理台、冷蔵庫置き場と食器棚の近くの壁に1個ずつ設置されている。食器棚にはオーブン、電子レンジや炊飯器などほかの家電を多く設置する場合、この1個のコンセントでは足りないので、よくあるのは、コンセント付きの食器棚にするか、延長コードを使用する。

images

調理台(左)と食器棚(右)の近くにコンセントを設置する日本住宅
(出典:生活者データベースConsumer Life Panorama
(Consumer Life Panoramaの概要はこちら

それに対して、中国ではスケルトン状態で購入することになるので、配線から手配しないといけないケースが多い。時間がかかる反面、自分の好きなように設置できるというメリットもある。中国の家庭では、調理方法が多種多様なため、調理器具も多く持っている。そのため、コンセントも調理器具を置くスペースの近くに複数設置することがよく見かける。

images

調理台(左)、コンロの左(中)、コンロの右(右)にコンセントを複数設置する中国住宅
(出典:生活者データベースConsumer Life Panorama
(Consumer Life Panoramaの概要はこちら

スイッチの設置にも理由がある

コンセントに加えて、スイッチの設置にも日本と中国の違いが見て取れる。

日本の寝室では照明のスイッチの設置場所は基本ドアの近くにある。それは、内装した家を購入することになるので、寝室への出入りするときの点灯/消灯の設置場所はデベロッパーが決めている。一方で、中国の寝室では配線はオーナーが自由に設置できるので、ドアの近くにスイッチを設置する他、ベッドの近くにも必ず設置する。というのも、就寝の時に消灯しやすいからなのだ。

images

ドアの近くに設置する日本寝室のスイッチ(左)とベッドの近くに設置する中国寝室のスイッチ(右)
(出典:生活者データベースConsumer Life Panorama
(Consumer Life Panoramaの概要はこちら

日本の住宅は内装を終えた状態で購入することになるため、入居者への負担が少なくなると同時に、モジュール化することでコストの削減もできる。ところが、中国では、スケルトン状態での購入が多いので、入居者は業者選びからレイアウトデザイン、材料選択などまで内装工事の最初から最後まで事細かくかかわらなければならない。負担がかかる一方で、自由に内装を決定できる点にやりがいも感じているのではないだろうか。

【Consumer Life Panoramaとは】

日本や海外の消費者のリアルな生活実態をウェブベースでご覧いただけるインテージのデータベースです。
一日の生活の流れや動線、住環境・デジタルライフを直感的に理解するのにご活用いただけます。

Consumer Life Panoramaデモサイトはこちら
Consumer Life Panoramaの概要はこちら


  • Intage Inc

    執筆者プロフィール
    ヤン イェン

    日本在住の中国人リサーチャー、中国をメインに海外消費者生活実態を発信。コンセントが少ないため、今調理用家電の新規購入を控える生活を送っている。

  • Intage Inc

    編集者プロフィール
    辰田 悠輔(たつだ ゆうすけ)

    Global Market Surferのサイトづくりを担当。アレクサ対応の照明を導入するか頭を悩ませている。

転載・引用について
  • 本レポート・コラムの著作権は、株式会社インテージ または執筆者が所属する企業が保有します。下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。

    「出典: インテージ 調査レポート「(レポートタイトル)」(●年●月●日発行)」
    「出典:Global Market Surfer ●年●月●日公開
  • 禁止事項:
    • 内容の一部または全部の改変
    • 内容の一部または全部の販売・出版
    • 公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
    • 企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的とした転載・引用
  • その他注意点:
    • 本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
    • この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません
  • 転載・引用についてのお問い合わせはこちら